千葉県柏市の食事もできるパン屋さん「ベーカリーハレビノ」 | ベーカリーハレビノ

  • facebook
  • twitter
04-7166-7166

ハレビノのパンは、80種類以上。

vol.10
ハレビノの逸品で、メリークリスマス★
クリスマスを待ちながらいただく 幸せの味

「シュトレン」(1本2,000円、ハーフ1,200円、1/4本600円)は、アドベントと言われるイエス・キリストの降誕を待ち望むクリスマスまでの期間に登場する伝統的な商品。今年は11/29から発売になりました。
「焼きたてはパンそのものですが、少し経つとラム酒に漬けたドライフルーツとマジパンがしっとりしてケーキのようになるんです」と、上野店長。他のアイテム以上に手間のかかる季節メニューは、週1回焼いて1週間寝かせてから店頭に並びます。たくさん用意して味の変化を楽しむのがドイツ流、賞味期限も3週間と長めなので1本買いしてみては?

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.9
ホットドリンクと楽しみたい 冬の新作
旨みがギュッと詰まった 食事&デザートパン

「オニオンサーモンのフォカッチャ」(240円)は、食感も魅力的。生地の上にたっぷり乗ったざく切りのたまねぎは、噛むたびにシャキシャキ。クリーミーなソースとの相性も良く、優しい甘みです。トッピングには、ぷりぷりのエビと脂が乗ったほんのり塩味のサーモン。おにぎりの具みたいなごろっとした切り方が存在感を高めています。

デニッシュシリーズのニューフェースは、見た目もシックな「ティラミス」(250円)。サクサクのパイの上で、こっくりとしたコーヒー味のあんと絞り出しのチーズクリームが2層になっています。まとまりのあるクリームは食べやすく甘さも控えめ、スイーツが苦手な男性もハマるかも!

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.7
秋の新作★スイーツパン
見た目もおいしい ハレビノの秋♪

「秋のモンブラン」(280円)は、甘く煮たマロンをのせたケーキみたいなデニッシュ。
サクサク生地の上に、モンブランクリームとホイップクリーム・栗あんの3層をトッピング。個性豊かなクリームの魅力にハマりそう!

ネーミングとルックスの愛らしさから、イベントでも評判の「栗太郎」(160円)。
マロン風味のあんは、甘さ控えめでやさしい口当たり。さらに刻んだ栗が練り込んであって、食感もユニーク。

色鮮やかな「かぼちゃのマフィン」(170円)は、11月までの限定メニュー。かぼちゃペーストを加えた生地は美しく、ダイス状のかぼちゃの甘みもgood。少し温めるとより素材感が楽しめそうな、ベジタブルマフィンです。

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.6
ハレビノ×地元農家 「ファーマーズプロジェクト」がスタート
第1弾は…柏産の採れたて旬野菜を使った「農家サンドイッチ」

「ファーマーズプロジェクト」とは、ハレビノが柏市の農家と手を組んで、地元のおいしくて安心・安全な素材を使った商品を提供する新企画。8/8から販売中の3種のサンドイッチには、100種類以上の野菜を無農薬で育てている小川ファームのアイテムがたっぷり。スパイスや調味料を控えて、毎朝届く野菜のうまみを生かしてします。
「自家製チャーシューと採れたて旬野菜」(420円)には、みずみずしいレタスと厚切りのトマト、オリーブオイルでやさしく炒めたナスを使用。オリジナルの鶏チャーシューとの相性も良く、ボリューム感も◎。

「ドイツ風ハーブウインナーとモッツアレラ」(420円)は、セーグルに旬の野菜と軽くボイルしたソーセージをはさんだ一品。おいしくとろけたモッツアレラチーズが、食材の調和に欠かせません。ライ麦パンの個性に負けない野菜の存在感は格別。

ニンジンってこんなに甘いの?「彩り5種野菜とロースハム」(420円)の人気の秘密は、きゅうり・赤キャベツなど5つの野菜とロースハムを美しく並べたシンプルさ。調味料はほんの少しのマヨネーズだけとヘルシー、口いっぱいに素材の魅力が広がります。最後まで崩さず上品に味わいたいなら、包装のままいただきましょう♪

 

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.5
人気のフリュイが夏季限定フレーバーに
ドライフルーツをふんだんに使った 噛むほどに香るパン

ソフトハードな皮にしっとりとした生地、ラスクとしても評判の「フリュイ」(まるごと420円、ハーフ210円)にドライパイナップル・マンゴー・レモンを加えた夏メニューが登場しました。

1cm位の食べやすい厚さにカットしてみると、ナッツやフルーツがびっしりと詰まっていて驚き。大きめのフルーツに出合うとさらに贅沢な気分になります。1口で何種類ものおいしさが楽しめるし、香りも豊か。お好みのドリンクと一緒に、そのまま食べてみてね!

 

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.4-2
夏に食べたいスイーツパン ~季節のデニッシュ~
フルーツが宝石のように輝く デコラディブな4種

久々のデニッシュは色鮮やかなフルーツをふんだんに乗せた、さっぱり&ジューシーな夏の味。「グレープフルーツ」(280円)はカスタードクリームでまろやかに、「ベリー」(250円)・「マンゴー」(250円)・「甘夏」(250円)は爽やかなヨーグルトクリームとカスタードクリームの2層になっています。

「ベリー」は、ブルーベリーとラズベリーの甘酸っぱさが魅力。口当たりも優しく、子どもにも大人にも愛されるフレーバーです。
「マンゴー」は、ゴロッと大きめにカットされたフレッシュマンゴーが絶妙。ヨーグルトクリームとの相性も抜群で、後味も爽やか。
「甘夏」は、クリームの甘さよりもフルーツ感が際立つメニュー。見ためよりもあっさりとしていて食べやすく、口の中に果実のみずみずしさが広がります。
「グレープフルーツ」はピンクとホワイト、2種のグレープフルーツをジュレで包み込んだおしゃれなパン。カシューナッツがいいアクセントになっています。

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.4
夏に食べたいスイーツパン ~北極メロンパン~
凍らせて楽しむCOOLなメニューに、新商品が仲間入り!

「北極メロンパン」(200円)は、ハレビノ人気のメロンパンにフルーツをプラス。vol.3で紹介した、冷凍庫で凍らせて食べる新感覚シリーズのニューフェースです。

ふわふわなパンにはさまっているのは、フレッシュフルーツを混ぜ込んだホイップクリーム。デコレーションのパイナップルとチェリー、オレンジと合わせるとより爽やかです。買ってすぐはソフトアイス風、溶けるとふんわりホイップクリームのパンに。2つのユニークな食べ方ができるのは今だけ、夏限定のお楽しみ!

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.3
アイス?ケーキ?凍らせて楽しむCOOLな一品
冷凍庫でひんやり 冷たくして召し上がれ♪

ハレビノ1周年記念に登場した「オレンジアイスケーキ」(170円)は、新感覚の夏メニュー。売り場はなんと冷凍庫、アイスのようにキンキンに冷やして味わうユニークなマフィンです。
美しい色の生地にはオレンジ果汁がたっぷり、凍らせてもしっとりしているので歯が立たないことはありません(笑)。中心には、輪切りのオレンジが皮ごとIN。フレッシュさも加わって、香り高いデザートになっています。

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.2
暑いほどウマい!HOTな夏メニュー
ピリ辛なオリジナルトッピングの隠し味は…●●

「タルティーヌ(えだまめ&サーモン)」(200円)は、フランスパンに色鮮やかな手作りトッピングを添えた自信作。ボリュームも栄養価も十分、これ1つで食事ができちゃう優れものです。枝豆やたまねぎなど野菜はどれも大きめで、軽く火を通したサラダを食べているよう。スモークサーモンのやさしい口当たりと塩気が、印象よくマッチしています。そして、食べ進めるほどにピリッと感じる辛さの正体は、柚子こしょう。マイルドな刺激がクセになりそう!

自家製キーマ×特製ソース 2つのカレーでスタミナアップ

スパイシーな香りの「タンドリーチキン」(230円)には、こだわりのカレーがたっぷり。鶏もも肉を「お肉のカレーパン」(vol.1で紹介済)のフィリング、シェフ自家製キーマカレーに漬け込んでロースト。一晩寝かせて味をしみ込ませてから、たまねぎなどと一緒にフォカッチャの生地にトッピング。その上に、特製カレーソースを乗せて焼いています。チキンはほろっとほぐれるやわらかさ、見た目よりもあっさりいただけますよ。

女性に人気のコンビがフォカッチャシリーズに仲間入り

フワフワなハレビノのフォカッチャにハズレなし! 色鮮やかなアボカドソースに、うまみが詰まったセミドライトマトを乗せた「トマトフォカッチャ」(150円)は女性に大人気。マイルドな酸味のあるマヨネーズ系のソースと、香ばしさが増す焼きパルメザンチーズがおいしさを引き立てるアクセントになっています。アツアツに温めてから食べてね!

 

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
vol.1
上野店長おすすめ!ハレビノ自慢の3品
3万個以上売れている人気No.1メニュー

プクーッとふくれたキュートなスタイル。オープン当初から評判の「お肉のカレーパン」(160円)には、ほどよい辛さのシェフ自家製キーマカレーがたっぷり。国産豚ひき肉とたまねぎ・にんじん・トマトなどを3時間煮込むことで、濃厚なコクと豊かな香りを生み出しています。衣には、「ハレビノ食パン」の生パン粉を使用。毎日10回以上揚げているそうなので、出来たてに合えるチャンスもありそう!

手土産にも◎ 生バナナを丸ごと2本使った優しい甘さ

予約しないと買えない時もある注文数No.1「幸せのバナナパン」(1本500円/ハーフ250円)は、生バナナを2本練り込んだ贅沢な一品。上部はビスケット生地でサクサク、中はふんわりと2つの食感が楽しめます。切った時の香りは控えめですが、食べるとやっぱりバナナ! 特に上に乗っている輪切りの焼きバナナがフレッシュ感をプラス、いいアクセントになっています。食べ応えも十分、自宅用はもちろんお土産にしても喜ばれますよ。

柏ではここだけ! ハマる新食感ドーナツ

2015年1月に登場して、早くも人気No.2に輝くのが「クラプフェン」(160円)。ドイツの伝統的なおやつで、柏ではハレビノにしかない注目メニュー。パン好きの上野店長が品川にあるパン屋さんで食べて惚れ込み、販売を決めました。サイズは子どものげんこつほど、シュークリームを油でカラッと揚げたような印象です。シュガーがかかっているからすごく甘そうに見えるけれど、中はふんわりやわらか。たっぷり入ったレーズンと軽い食感がクセになる、病みつきドーナツです!

 

 

志村麻衣
ライター・カービングインストラクター
全国を飛び回る企業の広報担当から、結婚を機に独立。仲間と「オフィス556(kokoro)」を立ち上げる。 現在はWeb・書籍・情報誌を中心に、美食・コスメ・雑貨・カルチャーなどの記事を執筆。 ハード系のパンが好きな柏市在住、2歳男児のママ。
2 / 212